シングルベッド 運ぶ

シングルベッドを1番簡単に運ぶ方法

ベッド 運ぶ

ベッド 運ぶ 費用

ベッド 運ぶ料金

ベッド 運送

ベッド 運搬

 

シングルベッドは意外と大きい。
マットレスも小さくはなりませんし、ベッドの本体だけでも結構な重さがあります。

 

引越し業者はベッドを一度解体して運び出します。

 

この作業、素人には1日がかりになってしまいます。

 

実は引越し業者でも、シングルベッドだけを運んで欲しいという依頼を受けてくれます。

 

1番安い引越し業者を探したいなら、一括見積もりがオススメです。

 

ベッド 運ぶ

 

シングルベッドは運ぶだけではなく組み立てるという作業も加わりますから、引越し業者にお任せするのがオススメです。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

引越しの時期と値段の関係

 

引越し時期と値段

 

3月は引越しの繁忙期でとにかく忙しい時期です。
綿密に言うと2月の終わりから4月の頭までが繁忙期です。

 

どうして3月が繁忙期になるのでしょうか?

 

日本では4月から新学期が始まります。

 

そして4月の新学期に向けて、引越しする人が3月に集中するのです。

 

大学受験を終えた新大学生、就職活動を勝ち抜いた新社会人、多くの人が4月から新しい環境に飛び込みます。
その準備のために一人暮らしをしたり、寮に入ったり、シェアハウスに入居するのです。

 

さらにこれだけではありません。
多くの日本の企業が全国展開をしており、春と秋に人事異動を行います。
春の人事異動がちょうど4月をスタートにするため、やはり3月に転勤・単身赴任のサラリーマンが移動します。

 

これに通常の引越しも加わるのですから、3月の引越しは繁忙期となるのです。
繁忙期はシングルベッドだけを運びたいと思っても、そもそもの値段が高めになっているのでオススメできません。
この時期を避けられないか検討してみてくださいね。

 

繁忙期には引越し業者もスタッフを増やしたり、残業したりして何とか仕事をこなそうとしますがそれでも間に合わない日も。
そういう日は予約を受け入れてもらえないこともあります。
繁忙期の引越し準備は、早めに行ってくださいね。

 

 

引越し条件の見直しで料金を安くする

 

引っ越し条件の見直し

 

引越しにはいろいろなお金がかかりますので、引越し費用は安くしたいと思いませんか?
引越し費用を安くしたいなら、まずは条件の見直しを考えてみましょう。

 

まずは引越し費用は荷物の量が多い方が高いので、不用品は引越しの前に処分しましょう。
不用品を運ぶ費用ほどもったいないものはありません。

 

引越しの曜日ですが、できれば平日がオススメです。
土日祝日は予約が多めなので、割引が平日ほどできません。

 

そして今でも大安は縁起が良い日ということで人気があります。
逆に仏滅を嫌がる人もいるので、仏滅は引越し費用が安くなります。

 

午前と午後では、午前の方が人気です。
誰だって午前中に荷物を新居に搬入して、午後からゆっくり荷解きしたいですよね。そちらのほうが無駄がありませんね。

 

午後は引越し業者が前の仕事が押して予定よりも遅れることも多く、何時に来るかわからないこともあります。
しかしその分午後便には割引があるのです。
それと時間指定をしない「フリー便」も割引が多いので費用面ではオススメです。

 

長距離の引越しはお金がとにかくかかります。
もし単身者なら、引越しパック便や混載便がオススメです。かなり料金が抑えらえます。

 

ファミリーであれば、やはり一括見積もりで複数の引越し業者を比較するのがオススメです。

 

 

レンタカーでベッドを運ぶ

 

レンタカー ベッド

 

レンタカーでベッドを運んだら安いのでは・・・とつい考えますね。
レンタカーで運ぶ場合の条件は@距離が近いこと A人手があることなどです。

 

レンタカーのトラックですが、普通免許で運転できるのは2t未満なのです。
すると1t・1.5t・軽とトラックのいずれかになります。

 

それぞれの荷台の大きさは以下の通りです。

 

1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

ベッドの大きさによってはそのまま運ぶことも出来ますが、大きいベッドの場合は一度分解して運び再び組み立てる必要があります。

 

トラックのレンタル料は1日7000〜10000円くらいが相場です。
これにガソリン代もかかります。

 

配送先が近所であればレンタカーでの運搬もお得だと言えますが、遠距離になるとメリットが少ないです。

 

 

引越し業者の有料オプション

 

引越しオプション

 

引越し費用は人件費と交通費とオプション費との合計金額となります。
スタッフにかかる費用を人件費、トラックやガソリン代が交通費というのは誰しもわかりますが、オプション費というのは具体的にいうと何でしょう?

 

引越し業者の行っている有料オプションはだいたい以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管
H盗聴器の発見

 

このように必要な人だけ選んで、有料でカスタマイズできるのがオプションです。
オプションの内容は引越し業者によって少し異なります。

 

エアコンは外の室外機と配管で繋がれていますから、電器屋でないと取り外したり取り付けたりすることが出来ません。
それを旧居で1回、新居で1回の計2回も来てもらう必要があるので、エアコンの移設は他の家電に比べて面倒なんです。
その面倒な手配を引越し業者が代行してくれるのが、エアコン移設のオプションサービスです。

 

同じ様にウォシュレットの移設も別料金がかかります。

 

ピアノは重くて大きくて、そして高価な楽器ですから、破損を恐れて扱わない引越し業者も存在します。
ピアノの運搬が必要であれば、オプション依頼をしてから一括見積もりをしておけば、扱いのある引越し業者を選択して見積もりを取ることができます。

 

 

引越しの見積もり

 

引越し 見積もり

 

引越しをする場合、引越し業者に見積もりを取る必要がありますね。

 

最近はネットでの一括見積もりがメジャーになってきましたが、昔は引越し会社に電話して人に見てもらって査定を依頼する訪問見積もりが主流でした。

 

ネットのほうが簡単ですが、やはり一度来てもらう訪問見積もりは金額が正確で、当日になって追加料金がかかるトラブルが少ないです。

 

できれば訪問見積もりを予定しておくと、トラブル回避になります。
しかし無理矢理契約させられてしまうんじゃないかとか、ダンボールを置いて帰ってしまうなど心配なことも。

 

それは押し売り行為ですので、引越し業者はクーリングオフに応じなければなりません。
意に沿わない契約は解約できますし、ダンボールは使わなければ返品できます。

 

引越し業者の雰囲気も大事ですから、感じの良い引っ越し業者と契約したいですよね。

 

 

 

シングル ベッド 輸送 冷蔵庫 クレーン 搬入